1. 18, F様 (50代) (女性)

  2. 17, H様 (60代) (ご夫婦)

  3. 1, M様 (40代) (ご夫婦)

  4. 2, O様 (30代) (ご夫婦・お子様1人)

  5. 3, K様 (50代)

  6. 4, S様 (30代) (ご夫婦、お子様2人)

  7. 5, H様 (ご本人50代、お母様70代)

  8. 6. T様 (60代) (ご夫婦・お子様 / 成人2人)

  9. 7, K様 (30代) (ご夫婦、お子様1人)

  10. 8, U様 (60代) (ご夫婦)

  11. 9, N様 (50代) (ご夫婦、お子様/大学生、高校生2人)

  12. 10, I様 (50代) (ご本人)

  1. 岡山県 服部水産様 ディレカ導入事例

  2. 鹿児島県 立石養鰻様 ディレカ導入事例

  3. 滋賀県 鳥塚様 ディレカ導入事例

  4. 北海道 小樽マリン様 ディレカ導入事例

  5. 沖縄県 宮古島高野漁港様 ディレカ導入事例

  6. 北海道 米倉水産様 ディレカ導入事例

  7. 千葉県 活魚卸問屋ヤマトグループ様 ディレカ導入事例

  8. 兵庫県 幸栄丸水産様 イオンワイヤー導入事例

  9. 大阪府 鰮巾着網漁協様 ディレカ導入事例

  10. 岩手県 田老町漁港様 イオンワイヤー導入事例

  11. 北海道 丸美天神様 イオンワイヤー導入事例

  1. 千葉県 真栄酪農会様 ディレカ導入事例

  2. 北海道 サツラク農業協同組合様 ディレカ導入事例

  3. 岡山県 アルムの里様 ディレカ導入事例

  4. 東京都 井原農園様 ディレカ導入事例

  5. 長野県 藤岡有機農園様 ディレカ導入事例

  6. 栃木県 卵明舎様 ディレカ導入事例

  7. 長野県 アグリスタ神稲(くましろ)様 ディレカ導入事例

  8. 愛知県 いさむポーク様 ディレカ導入事例

  9. 北海道 石川養鶏場様 ディレカ導入事例

  10. 福島県 稲作 ディレカ導入事例

  1. 京都府 ととまーと様 ディレカ導入事例

  2. 神奈川県 Happy Food Cafe Tiger様 ディレカ導入事例

  3. 沖縄県 那覇亭様 ディレカ導入事例

  4. 神奈川県 ALLISON HOUSE Café あざみ野様 ディレカ導入事例

  5. 大阪府 山麓苑様 ディレカ導入事例

  6. 大阪府 泉州海鮮 きんちゃく家様 ディレカ導入事例

  7. 東京都 麺や庄の様 ディレカ導入事例

  8. 東京都 おたる政寿司 銀座様 ディレカ導入事例

  9. 神奈川県 味噌一様 ディレカ導入事例

  10. 埼玉県 ミツハシライス様 ディレカ導入事例

  11. 福島県 ライフフーズ様 ディレカ導入事例

  12. 広島県 中野ゴルフガーデン様 ディレカ導入事例

  1. 宮城県 サーフショップSHOCKERZ ROBBY様 ディレカ導入事例

  2. 中国 上海桜楓ホテル様 ディレカ導入事例

  3. 岡山県 せとうち児島ホテル様 ディレカ導入事例

  4. 静岡県 伊豆・三津浜 松濤館様 ディレカ導入事例

  5. 山口県 アクス防府様 ディレカ導入事例

  6. 山口県 アクス周南様 ディレカ導入事例

  7. 神奈川県 サギヌマスイミングクラブ様 ディレカ導入事例

  8. 東京都 富久の湯様 ディレカ導入事例

  9. 東京都 和樂マネジメント様 ディレカ導入事例

  10. 大阪府 ホテルエルセラーン大阪様 ディレカ導入事例

  11. 全国 コインランドリーmammaciao様 ディレカ導入事例

  12. 東京都 日本ドライ様 ディレカ導入事例

  1. カナダ OUR CLEANERS様 ディレカ導入事例

  2. 群馬県 群馬インテリアサービス様 ディレカ導入事例

  3. 千葉県 ママショップ加納様 ディレカ導入事例

  4. 愛知県 クリーニングハラダ様 ディレカ導入事例

  5. 埼玉県 株式会社エム・エル・エス様(松屋フーズグループ) ディレカ導入事例

  6. 奈良県 前川株式会社様 ディレカ導入事例

  7. 東京都 和樂マネジメント様 ディレカ導入事例

  8. 全国 コインランドリーmammaciao様 ディレカ導入事例

  9. 東京都 日本ドライ様 ディレカ導入事例

  1. 兵庫県 園田競馬場(田中範雄厩舎)様 ディレカ導入事例

  2. 兵庫県 園田競馬場(森澤友貴厩舎)様 ディレカ導入事例

  3. 東京都 大井競馬場(村上厩舎)様 ディレカ導入事例

  4. 宮城県 特別養護老人施設うらやす様 ディレカ導入事例

  5. 三重県 イシズム様 ディレカ導入事例

  6. 中国西安での世界園芸博覧会にディレカを採用

ディレカびと 森澤厩舎 森澤調教師 対談インタビュー

INTERVIEW : 2021/10/19

ディレカびと

ディレカ × 森澤調教師

“誰よりも馬に愛情を注ぐ、すべては馬のために”

森澤厩舎 

調教師 / 森澤 友貴さん

 

ディレカ導入対談 ~ディレカびと ~ 森澤調教師と馬

父は兵庫県競馬リーディングトレーナーに9度輝き、弟はJRAで調教助手と競馬一家。
2021年9月に自身も通算900勝を上げる。
 

ーー 活水器ディレカの開発、製造、販売をしている株式会社TAMURAの田村です。なぜディレカを選んでいただいたのかなどお話をお聞きできればと思います。本日はどうぞよろしくお願いいたします。
細川:森澤です。よろしくお願いします!

ディレカ導入対談 ~ディレカびと ~ 対談風景

ーー いろいろこだわりがあるとお聞きしておりますが、今入れていただいているコーヒーもこだわりあるんですか?

細川:近くにいいコーヒー屋さんはあるんです。
僕はいろいろ植栽とか、カーデニングとかDIYをして空間自体を気持ちいい空間にしたいと思っています。働いてる僕たちも、馬もハッピーなのがいいかなあと思うところがあって、暇があれば手を加えてやっています。

預けていただいているオーナーさんがぷらっと見に来られたらやっぱり喜んでいただきたいです。オーナーさんは、汚い空間に1億円ぐらいする馬を預けたくないですよね。そういうこともあって安心な水を使ってオーナーさんを少しでも喜ばせたいと思っています。

ーー 水の大切さをどのようにお考えですか?

森澤:勝負の世界、馬もアスリートなので。食べるものの飼料添加物、サプリメント、あとトレーニング方法なんかも勝つために開業から16年になるんですけど、勝つためにいいと思ったものは何でも取り入れて、トライアルアンドエラーみたいな繰り返しでした。その中の一つがディレカですね。餌だとか、サプリメントなど業者さんががいろいろ売りに来てくれるんですけど、それまでにいろいろやっていて果たしてそれが、期間が1ヶ月2ヶ月過ぎた後でも、どこまで効いているという目に見えた変化ってなかなかわからないですよね。
でもその中で水は一番ベースになると思います。
水は特に、生き物にとってすごく大事なものです。飲む水だけでなく、調教後は汗をかいたりするので、皮膚病の状態で牧場から来た馬もディレカの水で洗うと、皮膚の炎症っていうのが想定より、短期間で収まったり、再発しにくかったりします。
また獣医さんが言うには、もちろん気をつけているんですが、競走馬で一番怖いのは疝痛(せんつう)というお腹痛なんです。それを患うと本当にもう、怖い話、命を落とす馬なんかも出てしまいます。それだけはもう下積みから避けたいなと思っている病気です。

実際、何十年も携わっていると、下積み時は疝痛で亡くしてしまった馬もいました。獣医さんはうちの厩舎は他と比べて少ないと思うと言ってくれるのですが、
もしかしたら、ディレカの水で免疫力があがっているのかもしれません。

ーー いろんな積み重ねでいい効果が出るんでしょうね。最近私はよく水は情報を運ぶものだと思っています。その水がどんな水かによってその情報の伝達の量だったり、正確性だったり変わってくると思うんですよ。それがただの水道水であったり、ちょっと汚れた水だったりすると効果っていうのは、落ちてくるんじゃないかなと思うんですね。情報をいかに正確に大容量というのは変ですけど容量を大きくして成果に繋げ、伝えられるのは水だと思っています。ディレカの水は他の水と比べて能力が高いのではと感じています。

森澤:そうです。身近であるようで、そこまで能力があるっていうのをわかって水に接することが一般的にはなかなかないことですね。

ーー だから食事でもやっぱりどんな水で食事を作るかによっても違うんでしょうし。サプリメントでも飲む水によって伝わり方が違うと思うんです。その逆も然りですね。

森澤:我家には6歳と3歳の子供がいまして、今はすっきり治ってはいるのですが上の子がちょっと、アトピーみたいな感じで生まれて1・2年少し苦労したことがありました。いろいろ試行錯誤をしたんですが、妻が精神的きつくなってしまい、もう期間限定してステロイド的な薬を使っていました。でも子供とやっぱりその水の力をわかっているのか風呂場だとかで、その流れている水を見ている時だとか、水遊びしているは痒みもわすれていました。ひたすら没頭して水の流れるのを見たりだとか、実際ちょっと炎症があった時期なんか冷たい水で浸してあげると、すごく気持ち良さそうにしていました。子供って本能的にわかっているようにその時感じました。今の家に元々、組み上げ式の井戸があったので、それはそのまま残しています。こういう時期なので、電動式も考えたのでが、やっぱり停電で断水とかしてしまった際に、せめて水だけは確保したいなと。昔ながらの手押しの井戸があります。相変わらずそれでちょっと寒くなってもびしょびしょになりながら喜んで遊んでいます。それは作ってよかったなと思います。

ーー 森澤さんは、生まれもこっちも兵庫県でいらっしゃいますよね?

森澤:はい。実は親父も同じく調教師していました。また弟もJRAの方で、調教師じゃないんですけどアシスタントをする仕事をしています。

父は結構有名な人だったので、周りからは「プレッシャーないのか」と言われたこともありましたが、
ある意味鈍感なところがあり、自分のペースでやってきました。この地域の調教師は65歳で、一応引退ですが、父は若いときからもう身を粉にして働いてきたので六十二、三ぐらいで早期に引退しました。今は淡路島の方で土地を買って、小屋を立てたりとか野菜を育てたりと、お袋と一緒に隠居生活を楽しんでます。

ディレカ導入対談 ~ディレカびと ~ 森澤厩舎

ーー 長年やられてきて、調教師としてのこだわりとか何かありますか。

森澤:開業して16年になりますが。その当時は兵庫県の山奥の西脇市でスタートするという決まりがあったので、希望を出して5年目ぐらいでここ(園田競馬場)の厩舎が空いたので移転してきました。

31歳から調教師としては本当に早くから開業させてもらってます。高校卒業して、少し研修みたいなことをして今に至ります。でも、本当に今の仕事は、親父が馬の仕事をしていたので小学生ぐらいからできる作業は限られておりますけど、手伝ってから学校行くのが当たり前でした。厳しい父親だったのでルールの中で従ってやっていましたね。

代々、馬を大事していますが、中には本当に愛馬心があるのかなっていうちょっと懐疑的になるような同業者もいます。それは僕としてはありえないですね。

私たちは馬優先というか、馬のこと大事にしてその次に自分たちのことです。それは従業員にも伝わっていると思います。

ーー そうですよね。今まさに流れているクラシックも馬のためですよね。
やっぱりこういうこだわりが馬にすごく伝わっているのですね。他の皆さんが同じことをやっていらっしゃるわけではないでしょうから。

森澤:みなさんいろいろこだわりはあると思います。やり方だとかトレーニング理論は調教師によって千差万別ですね。馬を大事にするっていうことですよね。ただ単にきついトレーニングをして餌をたくさんあげてっていうだけじゃなくて、バランスというか、この馬には何がベストなのだろうと。

試行錯誤して16年やっているんで、ある程度、ぱっと見て、この体型この馬ならっていうイメージがつくんですけどそれでも実際に触ってみたり乗ってみたりすると一頭一頭違いますね。それにいかに合わせていくかが技術ですね。ありがたいことに預けていただいているオーナーさんの馬は元々本当にすごくいい馬です。能力の素質のある馬をたくさん預けていただいています。

中にはそれほど苦労せずにポンポンと連勝してくれる馬もいます。残念なことに、いくら良いトレーニングをして、いい管理をしてもやっぱり本当に持って生まれた能力だとスピードっていうのに限界がある馬はなかなか競馬で1位、一番にはなれない。もちろん最初からこれだけの馬を預けていただいたわけではないので積み重ねですね。でもありがたいなと。

ーー いろいろ期待されてディレカを導入していただいて感想はどうですか?

森澤:僕自身が安心して使わせてもらっています。もちろん情報として、水道水にいろいろ有害物質が含まれているっていうのは頭ではわかっていて、これでいいのかなと思っていました。実際に蛇口からの水はあんまり美味しく感じなかったとかっていうのがありました。導入以降、本当にその不安が取れて安心に包まれているような感じです。馬と一緒に我々も蛇口からがぶ飲みOKです。

ーー ディレカをつける前はアメリカ製の浄水器を付けていらしてたとか

細川:ディレカをつけてからすぐ外しました。笑

ーー 水を変えるに至った経緯はありますか?

森澤:信頼できる方から水のことを聞きました。聞いてからは導入までは早かったと思います。工事費も入れてそんな安い値段ではなかったですが、やっぱりメンテナンスがほとんどいらないということですね。フィルター交換も必要ないですから。

ーー 厩舎の上に従業員が住んでいらっしゃいますが従業員の方は何か感じてらっしゃいますか?

細川:僕が定期的にディレカの情報は発信しています。今回も来られるっていうことはLINEでシェアさせてもらいました。
金魚を飼っているスタッフなんかは水槽の濁りが全然違うというのは、最初の段階で聞いたり、奥さんからカレーのお皿の洗う手間や油汚れがディレカにしてから嘘みたいに早く、すすぎが楽になったと言っていました。
もう普通のペットボトル水とか買うぐらいならここの水を汲んで飲んいるっていうエピソードもあります。

ディレカ導入対談 ~ディレカびと ~ 森澤厩舎

ーー 最後のご質問になります。これから水を変える意味や今後ディレカを買おうと思ってる方にメッセージをお願いします。

森澤:このような社会情勢なのでほとんどの方がこの先どういう状況に追い込まれるかわからないと思います。もちろん健康意識だとか、こだわりだったり、でもこれでいいのかという不安があったりされると思います。その中で一番身近で大事で不可欠なものは水だと思います。

そこを安心して使えるということ。生きてく上でやっぱり何よりの安心に繋がるのかなと思います。おっしゃられた情報を伝達するのが水っていうのは僕もあの本で読んだこともありますし、本当に不思議なものが身近にあってなかなかピンとこない部分もあるはずです。

知れば知るほど水って奥が不思議なものだなあと思います。さっき言った本当に子供が本能的に感じることだったり、癒しを与える。僕たちもいろんな情報を大人になって知って、ちっちゃい頃のね、本能的な反応というか、本質的な情報判断能力ってちょっと薄れたりとか、いろいろわからなくなっているかと思うんですけども、やっぱりそういう元の状態に戻してくれるものの一つですね。
その水が身近にあれば、そのチャンスも広がっていくのかなと思います。

ーー 本日は本当ありがとうございました。

後日森澤調教師から写真撮影に協力してくれた馬がレースで勝利したと嬉しい連絡をいただきました。

撮影協力ありがとう。

ディレカ導入対談 ~ディレカびと ~ 馬

森澤厩舎 Instagram : https://www.instagram.com/morisawatomotaka/?hl=ja

関連記事