1. 1, M様 (40代) (ご夫婦)

  2. 2, O様 (30代)(ご夫婦・お子様1人)

  3. 3, K様 (50代)

  4. 4, S様 (30代) (ご夫婦、お子様2人)

  5. 5, H様 (ご本人50代、お母様70代)

  6. 6. T様 (60代) (ご夫婦・お子様 / 成人2人)

  7. 7, K様 (30代) (ご夫婦、お子様1人)

  8. 8, U様 (60代) (ご夫婦)

  9. 9, N様 (50代) (ご夫婦、お子様/大学生、高校生2人)

  10. 10, I様 (50代) (ご本人)

  1. 岡山県 服部水産様 ディレカ導入事例

  2. 鹿児島県 立石養鰻様 ディレカ導入事例

  3. 滋賀県 鳥塚様 ディレカ導入事例

  4. 北海道 小樽マリン様 ディレカ導入事例

  5. 沖縄県 宮古島高野漁港様 ディレカ導入事例

  6. 北海道 米倉水産様 ディレカ導入事例

  7. 千葉県 活魚卸問屋ヤマトグループ様 ディレカ導入事例

  8. 兵庫県 幸栄丸水産様 イオンワイヤー導入事例

  9. 大阪府 鰮巾着網漁協様 ディレカ導入事例

  10. 岩手県 田老町漁港様 イオンワイヤー導入事例

  11. 北海道 丸美天神様 イオンワイヤー導入事例

  1. 千葉県 真栄酪農会様 ディレカ導入事例

  2. 北海道 サツラク農業協同組合様 ディレカ導入事例

  3. 岡山県 アルムの里様 ディレカ導入事例

  4. 東京都 井原農園様 ディレカ導入事例

  5. 長野県 藤岡有機農園様 ディレカ導入事例

  6. 栃木県 卵明舎様 ディレカ導入事例

  7. 長野県 アグリスタ神稲(くましろ)様 ディレカ導入事例

  8. 愛知県 いさむポーク様 ディレカ導入事例

  9. 北海道 石川養鶏場様 ディレカ導入事例

  10. 福島県 稲作 ディレカ導入事例

  1. 沖縄県 那覇亭様 ディレカ導入事例

  2. 神奈川県 ALLISON HOUSE Café あざみ野様 ディレカ導入事例

  3. 大阪府 山麓苑様 ディレカ導入事例

  4. 大阪府 泉州海鮮 きんちゃく家様 ディレカ導入事例

  5. 東京都 麺や庄の様 ディレカ導入事例

  6. 東京都 銀座 おたる政寿司様 ディレカ導入事例

  7. 神奈川県 味噌一様 ディレカ導入事例

  8. 埼玉県 ミツハシライス様 ディレカ導入事例

  9. 福島県 ライフフーズ様 ディレカ導入事例

  10. 広島県 中野ゴルフガーデン様 ディレカ導入事例

  11. 長野県 竹風堂様 ディレカ導入事例

  12. 兵庫県 味きっこう様 ディレカ導入事例

  1. 中国 上海桜楓ホテル様 ディレカ導入事例

  2. 岡山県 せとうち児島ホテル様 ディレカ導入事例

  3. 静岡県 伊豆・三津浜 松濤館様 ディレカ導入事例

  4. 山口県 アクス防府様 ディレカ導入事例

  5. 山口県 アクス周南様 ディレカ導入事例

  6. 神奈川県 サギヌマスイミングスクール様 ディレカ導入事例

  7. 東京都 富久の湯様 ディレカ導入事例

  8. 大阪府 ホテルエルセラーン大阪様 ディレカ導入事例

  9. 全国 コインランドリーmammaciao様 ディレカ導入事例

  10. 岡山県 エンジョイ岡南様 ディレカ導入事例

  1. 兵庫県 園田競馬場(田中範雄厩舎)様 ディレカ導入事例

  2. 兵庫県 園田競馬場(森澤友貴厩舎)様 ディレカ導入事例

  3. 東京都 大井競馬場(村上厩舎)様 ディレカ導入事例

  4. 宮城県 特別養護老人施設うらやす様 ディレカ導入事例

  5. 三重県 イシズム様 ディレカ導入事例

  6. 中国西安での世界園芸博覧会にディレカを採用

水のお話TAMURAブログ第8話

~活水器Dilekaの開発者による水のコラム~

長生きすること

そう、長生きをすること。
そうすると、本当に自分がこうありたいというものが見えてくる。
 

上丹田(頭〕、(論理)、(知識)。=知恵。
中丹田(胸)、(感情)、(体験)。=知恵。
下丹田(肚)、(命)、=本能
 

「上丹田」というのは頭、「中丹田」というのが胸、そして「下丹田」というのが肚です。
頭は「知識」であり、胸は「感情」、その2つ合わせて「知恵」と言うけれど、
ぼくはいま、本能や無意識が知恵の土台にあると思うんだ。
 

ライフサイクルで言うと青・壮年期は情報や知識など「意識」が勝っている世界で、
「頭」が大切なんですね。けれども本当に大切なことというのは胸と肚につながっている。
胸というのは「感情」であり、「感情」からは「愛」が生じてくる。
 

そして肚からは「命」が生じてくるんです。
そしてこちらのほうは、知識や情報が勝っている青・壮年期には圧迫されて狭くなっしまうんですね。
ただこれは人によって各々全部違う。
違うから一概には言えないんだが、論理的知力を高めれば高めるほど感情と生命感覚は薄くなってしまうんです。
 

これが人間のいちばん困ったところなんですね。
胸と肚の部分が薄いアンバランスな人間が社会を動かすということになっていくんです。
結果、社会のことになっていく。個人も社会も共通していることなんです。
 

ぼくの下丹田、肚…は干上がってしまった。
この十年やっと水を撒きだした有様で、まだまだのところです・・・・・
 

次回またね!

関連記事

月を選択してください