1. 1, M様 (40代) (ご夫婦)

  2. 2, O様 (30代)(ご夫婦・お子様1人)

  3. 3, K様 (50代)

  4. 4, S様 (30代) (ご夫婦、お子様2人)

  5. 5, H様 (ご本人50代、お母様70代)

  6. 6. T様 (60代) (ご夫婦・お子様 / 成人2人)

  7. 7, K様 (30代) (ご夫婦、お子様1人)

  8. 8, U様 (60代) (ご夫婦)

  9. 9, N様 (50代) (ご夫婦、お子様/大学生、高校生2人)

  10. 10, I様 (50代) (ご本人)

  1. 岡山県 服部水産様 ディレカ導入事例

  2. 鹿児島県 立石養鰻様 ディレカ導入事例

  3. 滋賀県 鳥塚様 ディレカ導入事例

  4. 北海道 小樽マリン様 ディレカ導入事例

  5. 沖縄県 宮古島高野漁港様 ディレカ導入事例

  6. 北海道 米倉水産様 ディレカ導入事例

  7. 千葉県 活魚卸問屋ヤマトグループ様 ディレカ導入事例

  8. 兵庫県 幸栄丸水産様 イオンワイヤー導入事例

  9. 大阪府 鰮巾着網漁協様 ディレカ導入事例

  10. 岩手県 田老町漁港様 イオンワイヤー導入事例

  11. 北海道 丸美天神様 イオンワイヤー導入事例

  1. 千葉県 真栄酪農会様 ディレカ導入事例

  2. 北海道 サツラク農業協同組合様 ディレカ導入事例

  3. 岡山県 アルムの里様 ディレカ導入事例

  4. 東京都 井原農園様 ディレカ導入事例

  5. 長野県 藤岡有機農園様 ディレカ導入事例

  6. 栃木県 卵明舎様 ディレカ導入事例

  7. 長野県 アグリスタ神稲(くましろ)様 ディレカ導入事例

  8. 愛知県 いさむポーク様 ディレカ導入事例

  9. 北海道 石川養鶏場様 ディレカ導入事例

  10. 福島県 稲作 ディレカ導入事例

  1. 沖縄県 那覇亭様 ディレカ導入事例

  2. 神奈川県 ALLISON HOUSE Café あざみ野様 ディレカ導入事例

  3. 大阪府 山麓苑様 ディレカ導入事例

  4. 大阪府 泉州海鮮 きんちゃく家様 ディレカ導入事例

  5. 東京都 麺や庄の様 ディレカ導入事例

  6. 東京都 銀座 おたる政寿司様 ディレカ導入事例

  7. 神奈川県 味噌一様 ディレカ導入事例

  8. 埼玉県 ミツハシライス様 ディレカ導入事例

  9. 福島県 ライフフーズ様 ディレカ導入事例

  10. 広島県 中野ゴルフガーデン様 ディレカ導入事例

  11. 長野県 竹風堂様 ディレカ導入事例

  12. 兵庫県 味きっこう様 ディレカ導入事例

  1. 中国 上海桜楓ホテル様 ディレカ導入事例

  2. 岡山県 せとうち児島ホテル様 ディレカ導入事例

  3. 静岡県 伊豆・三津浜 松濤館様 ディレカ導入事例

  4. 山口県 アクス防府様 ディレカ導入事例

  5. 山口県 アクス周南様 ディレカ導入事例

  6. 神奈川県 サギヌマスイミングスクール様 ディレカ導入事例

  7. 東京都 富久の湯様 ディレカ導入事例

  8. 大阪府 ホテルエルセラーン大阪様 ディレカ導入事例

  9. 全国 コインランドリーmammaciao様 ディレカ導入事例

  10. 岡山県 エンジョイ岡南様 ディレカ導入事例

  1. 兵庫県 園田競馬場(田中範雄厩舎)様 ディレカ導入事例

  2. 兵庫県 園田競馬場(森澤友貴厩舎)様 ディレカ導入事例

  3. 東京都 大井競馬場(村上厩舎)様 ディレカ導入事例

  4. 宮城県 特別養護老人施設うらやす様 ディレカ導入事例

  5. 三重県 イシズム様 ディレカ導入事例

  6. 中国西安での世界園芸博覧会にディレカを採用

水のお話TAMURAブログ第7話

~活水器Dilekaの開発者による水のコラム~

みずのえ・みずのと

「みずのえ」は「壬」と書き、「みずのと」は「癸」と書く。
それぞれの水の兄、水の弟ということが、水の陽、水の陰という意味です。

これらは十干(じっかん)の中に挙げられている。
十干とは古代中国で、自然環境が生命に及ぼす影響は、太陽と地球の位置関係によって異なるとして、
その特色を十通りに考察したものであり、「干」とは幹の意である。

十干とは
申(コウ/きのえ)、乙(オツ/きのと)
丙(ヘイ/ひのえ)、丁(テイ/ひのと)、
戊(ボ/つちのえ)、己(キ/つちのと)、
庚(コウ/かのえ)、辛(シン/かのと)
冒頭に記した壬(ジン/みずのえ)、癸(キ/みずのと)十干である。

つまり木(甲・乙)、火(丙、丁)、土(戊・己)、金(庚・辛)、水(壬・癸)の
五元素の輪廻作用である「五行」に、それぞれの兄弟を配して十種類としたものである。

水という一元素は、季節でいえば冬、方角でいえば北、色は黒が象徴閲係に当たるという。
この五元素はどういう順序で生成したかというと、もともと微かな存在の水から始まるという。つまり水、火、木、金、土、の順です。

「相生」という相互関係はプラスの関係で、
木生火、火生土、土生金、金生水、水生木とされている。つまり木は火を生じ、火は土を生じ、というふうに読んでいきます。

※相生とは順送りに相手を生み出して行く、陽の関係のこと

「金気は即.殺気である」、金気は五行の中で最強で不義を伐つことを
その本性とする。あるいは春の「生」に対し、秋の「殺」の象徴で、万物を粛殺することをその本性とする。

後にはこの世の始まりと同じようにただ水だけがある、ということではないだろうか。
そして「水生木」水から木が育ってゆく…。

水のおはなし次回またね!

関連記事

月を選択してください