1. 1, M様 (40代) (ご夫婦)

  2. 2, O様 (30代)(ご夫婦・お子様1人)

  3. 3, K様 (50代)

  4. 4, S様 (30代) (ご夫婦、お子様2人)

  5. 5, H様 (ご本人50代、お母様70代)

  6. 6. T様 (60代) (ご夫婦・お子様 / 成人2人)

  7. 7, K様 (30代) (ご夫婦、お子様1人)

  8. 8, U様 (60代) (ご夫婦)

  9. 9, N様 (50代) (ご夫婦、お子様/大学生、高校生2人)

  10. 10, I様 (50代) (ご本人)

  11. 11, Y様 (40代) (ご本人)

  1. 岡山県 服部水産様 ディレカ導入事例

  2. 鹿児島県 立石養鰻様 ディレカ導入事例

  3. 滋賀県 鳥塚様 ディレカ導入事例

  4. 北海道 小樽マリン様 ディレカ導入事例

  5. 沖縄県 宮古島高野漁港様 ディレカ導入事例

  6. 北海道 米倉水産様 ディレカ導入事例

  7. 千葉県 活魚卸問屋ヤマトグループ様 ディレカ導入事例

  8. 兵庫県 幸栄丸水産様 イオンワイヤー導入事例

  9. 大阪府 鰮巾着網漁協様 ディレカ導入事例

  10. 岩手県 田老町漁港様 イオンワイヤー導入事例

  11. 北海道 丸美天神様 イオンワイヤー導入事例

  1. 千葉県 真栄酪農会様 ディレカ導入事例

  2. 北海道 サツラク農業協同組合様 ディレカ導入事例

  3. 岡山県 アルムの里様 ディレカ導入事例

  4. 東京都 井原農園様 ディレカ導入事例

  5. 長野県 藤岡有機農園様 ディレカ導入事例

  6. 栃木県 卵明舎様 ディレカ導入事例

  7. 長野県 アグリスタ神稲(くましろ)様 ディレカ導入事例

  8. 愛知県 いさむポーク様 ディレカ導入事例

  9. 北海道 石川養鶏場様 ディレカ導入事例

  10. 福島県 稲作 ディレカ導入事例

  1. 神奈川県 Happy Food Cafe Tiger様 ディレカ導入事例

  2. 沖縄県 那覇亭様 ディレカ導入事例

  3. 神奈川県 ALLISON HOUSE Café あざみ野様 ディレカ導入事例

  4. 大阪府 山麓苑様 ディレカ導入事例

  5. 大阪府 泉州海鮮 きんちゃく家様 ディレカ導入事例

  6. 東京都 麺や庄の様 ディレカ導入事例

  7. 東京都 銀座 おたる政寿司様 ディレカ導入事例

  8. 神奈川県 味噌一様 ディレカ導入事例

  9. 埼玉県 ミツハシライス様 ディレカ導入事例

  10. 福島県 ライフフーズ様 ディレカ導入事例

  11. 広島県 中野ゴルフガーデン様 ディレカ導入事例

  12. 長野県 竹風堂様 ディレカ導入事例

  1. カナダ OUR CLEANERS様 ディレカ導入事例

  2. 群馬県 群馬インテリアサービス様 ディレカ導入事例

  3. 千葉県 ママショップ加納様 ディレカ導入事例

  4. 愛知県 クリーニングハラダ様 ディレカ導入事例

  5. 埼玉県 株式会社エム・エル・エス様(松屋フーズグループ) ディレカ導入事例

  6. 奈良県 前川株式会社様 ディレカ導入事例

  7. 中国 上海桜楓ホテル様 ディレカ導入事例

  8. 岡山県 せとうち児島ホテル様 ディレカ導入事例

  9. 静岡県 伊豆・三津浜 松濤館様 ディレカ導入事例

  10. 山口県 アクス防府様 ディレカ導入事例

  11. 山口県 アクス周南様 ディレカ導入事例

  12. 神奈川県 サギヌマスイミングスクール様 ディレカ導入事例

  1. 兵庫県 園田競馬場(田中範雄厩舎)様 ディレカ導入事例

  2. 兵庫県 園田競馬場(森澤友貴厩舎)様 ディレカ導入事例

  3. 東京都 大井競馬場(村上厩舎)様 ディレカ導入事例

  4. 宮城県 特別養護老人施設うらやす様 ディレカ導入事例

  5. 三重県 イシズム様 ディレカ導入事例

  6. 中国西安での世界園芸博覧会にディレカを採用

水のお話TAMURAブログ第4話

~活水器Dilekaの開発者による水のお話ブログコラム~

科学を知ればコーヒーが変わる!
第二弾:「ゲノム解析とおいしさを科学する」

~田村喜久雄のコーヒー愛が止まらない!~

コーヒーノキ属の代表種。
1、アラビカ種、アラビカ種はエチオピア高原が原産です。
2、カネフォーラ種と「ロブスタ」種は同じ種です、ベトナム、インド、ブラジルの一部などが原産地です。
3、リベリカ種、西アフリカが主な原産地です。
この3種がコーヒーの三原種と呼ばれています。

20149月にフランスとアメリカを中心とする国際的な研究プロジェクトがScience誌に一報の論文を発表しました。コーヒーノキのゲノム解読が完了したのです。解祈に用いられたのはアラビカ種でなく、カネフォーラ種「ロブスタ」でした。アラビカ種のゲノム解読も現在進められています。

解読チームはさっそくコーヒーゲノムからカフェインの合成に関わる候補遺伝子を全てピックアップし、チャやカカオと比べた結果、コーヒーの遺伝子群だけが他の埴物との大きな違いがあることを突き止めました。これはコーヒーが進化する過程で、カフェイン合成能を独自に獲得したことを意味します。

植物にとってカフェインを作ることが、一種の「収斂進化」である可能性が示されたのです。アラビカに遺伝子導入すれば、新しい耐病品種が作出できると期待されます。ゲノム解読によって、コーヒーの植物学的研究は新たな局面を迎えたといえるでしょう。

 

「おいしい・まずい」はコーヒーだけではなく、全ての食べ物、飲み物に共通する概念です。我々が感じる「おいしさ」の中心になるのは「味」であり、それを感じるために備わっている専門の感覚が「味覚」です。ヒトが感じる味には、甘味、苦味、酸味、塩味(鹹味)うま味の5種類の「基本味」があり、このうち、ヒトは甘味やうま味を「好ましい味」と認識します。

味覚は自然界に存在するさまざまなものの中から、何を食べて何を食べないかを上手に選択できるよう進化してきた感覚だと考えられています。また総合的な「おいしさ」には、味以外の要素も重要です。特に味、香り、テクスチャー(食感.ロ触り)は「おいしさの三要素」と呼ばれ、これら3つが合わさった「風味」が「おいしさ」の中核を担っています。

「コーヒーのおいしさ」日本で用いられる「コーヒーの味ことば」認知度の順に並べると、焙煎した/香ばしい香り、まろやか/すっきりした苦味、コクなどが上位にランクインします。味の複雑さから生れる「コク」や「マイルド」「芳醇」「まろやか」など全体的な印象を表す表現は非常に豊富です。

「コーヒーのおいしさ」とは「香ばしさと苦味を中心に酸味とその他のさまざまな要素か渾然一体となって生まれる.複雑なおいしさ」だと言えるでしょう。美味しい水で淹れた美味しいコーヒーを飲んで多くの人々に愛され、そして多くの人々の幸せづくりに貢献できますよう。・・・其れではまた次回!

ご一読いただきありがとうございました!次回のコラムもお楽しみに!

関連記事

月を選択してください