1. 1, M様 (40代) (ご夫婦)

  2. 2, O様 (30代)(ご夫婦・お子様1人)

  3. 3, K様 (50代)

  4. 4, S様 (30代) (ご夫婦、お子様2人)

  5. 5, H様 (ご本人50代、お母様70代)

  6. 6. T様 (60代) (ご夫婦・お子様 / 成人2人)

  7. 7, K様 (30代) (ご夫婦、お子様1人)

  8. 8, U様 (60代) (ご夫婦)

  9. 9, N様 (50代) (ご夫婦、お子様/大学生、高校生2人)

  10. 10, I様 (50代) (ご本人)

  11. 11, Y様 (40代) (ご本人)

  1. 岡山県 服部水産様 ディレカ導入事例

  2. 鹿児島県 立石養鰻様 ディレカ導入事例

  3. 滋賀県 鳥塚様 ディレカ導入事例

  4. 北海道 小樽マリン様 ディレカ導入事例

  5. 沖縄県 宮古島高野漁港様 ディレカ導入事例

  6. 北海道 米倉水産様 ディレカ導入事例

  7. 千葉県 活魚卸問屋ヤマトグループ様 ディレカ導入事例

  8. 兵庫県 幸栄丸水産様 イオンワイヤー導入事例

  9. 大阪府 鰮巾着網漁協様 ディレカ導入事例

  10. 岩手県 田老町漁港様 イオンワイヤー導入事例

  11. 北海道 丸美天神様 イオンワイヤー導入事例

  1. 千葉県 真栄酪農会様 ディレカ導入事例

  2. 北海道 サツラク農業協同組合様 ディレカ導入事例

  3. 岡山県 アルムの里様 ディレカ導入事例

  4. 東京都 井原農園様 ディレカ導入事例

  5. 長野県 藤岡有機農園様 ディレカ導入事例

  6. 栃木県 卵明舎様 ディレカ導入事例

  7. 長野県 アグリスタ神稲(くましろ)様 ディレカ導入事例

  8. 愛知県 いさむポーク様 ディレカ導入事例

  9. 北海道 石川養鶏場様 ディレカ導入事例

  10. 福島県 稲作 ディレカ導入事例

  1. 神奈川県 Happy Food Cafe Tiger様 ディレカ導入事例

  2. 沖縄県 那覇亭様 ディレカ導入事例

  3. 神奈川県 ALLISON HOUSE Café あざみ野様 ディレカ導入事例

  4. 大阪府 山麓苑様 ディレカ導入事例

  5. 大阪府 泉州海鮮 きんちゃく家様 ディレカ導入事例

  6. 東京都 麺や庄の様 ディレカ導入事例

  7. 東京都 銀座 おたる政寿司様 ディレカ導入事例

  8. 神奈川県 味噌一様 ディレカ導入事例

  9. 埼玉県 ミツハシライス様 ディレカ導入事例

  10. 福島県 ライフフーズ様 ディレカ導入事例

  11. 広島県 中野ゴルフガーデン様 ディレカ導入事例

  12. 長野県 竹風堂様 ディレカ導入事例

  1. カナダ OUR CLEANERS様 ディレカ導入事例

  2. 群馬県 群馬インテリアサービス様 ディレカ導入事例

  3. 千葉県 ママショップ加納様 ディレカ導入事例

  4. 愛知県 クリーニングハラダ様 ディレカ導入事例

  5. 埼玉県 株式会社エム・エル・エス様(松屋フーズグループ) ディレカ導入事例

  6. 奈良県 前川株式会社様 ディレカ導入事例

  7. 中国 上海桜楓ホテル様 ディレカ導入事例

  8. 岡山県 せとうち児島ホテル様 ディレカ導入事例

  9. 静岡県 伊豆・三津浜 松濤館様 ディレカ導入事例

  10. 山口県 アクス防府様 ディレカ導入事例

  11. 山口県 アクス周南様 ディレカ導入事例

  12. 神奈川県 サギヌマスイミングスクール様 ディレカ導入事例

  1. 兵庫県 園田競馬場(田中範雄厩舎)様 ディレカ導入事例

  2. 兵庫県 園田競馬場(森澤友貴厩舎)様 ディレカ導入事例

  3. 東京都 大井競馬場(村上厩舎)様 ディレカ導入事例

  4. 宮城県 特別養護老人施設うらやす様 ディレカ導入事例

  5. 三重県 イシズム様 ディレカ導入事例

  6. 中国西安での世界園芸博覧会にディレカを採用

水のお話TAMURAブログ第3話

水とコーヒーの科学

~活水器Dilekaの開発者による水のお話ブログコラム~

科学を知ればコーヒーが変わる!
田村 喜久雄のコーヒー愛が止まらない!

あなたにとってコーヒーとは「なんですか?」・・・、「ほっと一息つくための嗜好品・目覚めの一杯が1日のはじまり・ケーキのお供」など色々ありますね。コーヒーを淹れるには水が必要です。淹れる水が美味しい水ならコーヒーも勿論美味しくなりますね。僕にとってコーヒーとは“生活の糧”です。

多数の方に聞く中、コーヒーはコーヒー以外の何物でもない・・・となんだか哲学的な回答まで、いろんな視点から見た答えが返ってきました。

視点が変われば、ものの見え方が変わる「科学の視点」もその一つです。特に化学、医学、生物学、工学といった自然科学分野では、多くの研究者が「味や香りの正体はなんだろう?」「健康への影響は?」と日々研究をしています。

日頃コーヒーに感じている疑問への答えやヒントが、日常的な飲み物にこんなに多くの「身近な科学の種」が潜んでいたのかと驚きです。色々な角度から「科学の視点で見たコーヒー」とその魅力について話しを進めます。

まずは、動物の○○から採る最高級コーヒー。インドネシアに「コピ・ルアク」という一風変わった、時に100g/1万円以上もする、高価なコーヒーがあります。「コピ」はコーヒー、「ルアク」はジャコウネコを意味する現地語です。じつはこのコピ・ルアク、コーヒーの果実を食べたジャコウネコの糞から末消化の生豆だけを集めたものです。

「なぜわざわざそんなものを」と思うかもしれませんが、その歴史は古く、19世紀後半のフランスの文献にも紹介されています。当時から「知る人ぞ知る」珍品として、高値で取引されていたのですが、「動物の糞から採る、世界で最も高価なコーヒー」として1995年にイグノーベル賞を受賞したり、映画に取り上げられたりして、一躍有名になりました。

動物に果肉を消化させて生豆だけを取り出すと考えれば、これも精製法の一種だと言えるでしょう。気になる味の方も、そのプロセスを経てまろやかで深みのある味になる、ということで世界中にファンが居ることも確かです。

汚いと思うかもしれませんが、生豆はパーチメントに覆われたまま出てくるので、中身は「一応」汚れていませんし、雑菌が付いていても焙煎すれば全部死ぬので「一応」衛生的にも問題ありません。もちろん、気分的にどうかは人それぞれなので、無理にはお薦めしませんが。

そしてあまりに高値で売れるものだからか、近年ではサルの糞から集めるインドの「モンキーコーヒー」や、ジャクーという鳥糞から集めるブラジルの「ジャクーコーヒー」、タイではなんとゾウに果実を食べさせて作る「ブラックアイボリー」という類似品も出てきています。また本家の「コピ・ルアク」では、森の中のジャコウネコの糞を拾い集める天然品ではなく、狭い檻に閉じ込めたジャコウネコにコーヒー豆を無理矢理食べさせて作る業者もいて、動物虐待ではないかと社会問題化もしつつあるようです。

こういった製法による、とてもユニークなコーヒーですが、あまり話題になりすぎて過熱するのも考えものです。これって自然科学なんだろうか?・・・・次回はほんとうのコーヒーの科学に入ります。本日の授業はこれまで!

ご一読いただきありがとうございました!次回のコラムもお楽しみに!

関連記事

月を選択してください