1. 1, M様 (40代) (ご夫婦)

  2. 2, O様 (30代)(ご夫婦・お子様1人)

  3. 3, K様 (50代)

  4. 4, S様 (30代) (ご夫婦、お子様2人)

  5. 5, H様 (ご本人50代、お母様70代)

  6. 6. T様 (60代) (ご夫婦・お子様 / 成人2人)

  7. 7, K様 (30代) (ご夫婦、お子様1人)

  8. 8, U様 (60代) (ご夫婦)

  9. 9, N様 (50代) (ご夫婦、お子様/大学生、高校生2人)

  10. 10, I様 (50代) (ご本人)

  1. 岡山県 服部水産様 ディレカ導入事例

  2. 鹿児島県 立石養鰻様 ディレカ導入事例

  3. 滋賀県 鳥塚様 ディレカ導入事例

  4. 北海道 小樽マリン様 ディレカ導入事例

  5. 沖縄県 宮古島高野漁港様 ディレカ導入事例

  6. 北海道 米倉水産様 ディレカ導入事例

  7. 千葉県 活魚卸問屋ヤマトグループ様 ディレカ導入事例

  8. 兵庫県 幸栄丸水産様 イオンワイヤー導入事例

  9. 大阪府 鰮巾着網漁協様 ディレカ導入事例

  10. 岩手県 田老町漁港様 イオンワイヤー導入事例

  11. 北海道 丸美天神様 イオンワイヤー導入事例

  1. 千葉県 真栄酪農会様 ディレカ導入事例

  2. 北海道 サツラク農業協同組合様 ディレカ導入事例

  3. 岡山県 アルムの里様 ディレカ導入事例

  4. 東京都 井原農園様 ディレカ導入事例

  5. 長野県 藤岡有機農園様 ディレカ導入事例

  6. 栃木県 卵明舎様 ディレカ導入事例

  7. 長野県 アグリスタ神稲(くましろ)様 ディレカ導入事例

  8. 愛知県 いさむポーク様 ディレカ導入事例

  9. 北海道 石川養鶏場様 ディレカ導入事例

  10. 福島県 稲作 ディレカ導入事例

  1. 沖縄県 那覇亭様 ディレカ導入事例

  2. 神奈川県 ALLISON HOUSE Café あざみ野様 ディレカ導入事例

  3. 大阪府 山麓苑様 ディレカ導入事例

  4. 大阪府 泉州海鮮 きんちゃく家様 ディレカ導入事例

  5. 東京都 麺や庄の様 ディレカ導入事例

  6. 東京都 銀座 おたる政寿司様 ディレカ導入事例

  7. 神奈川県 味噌一様 ディレカ導入事例

  8. 埼玉県 ミツハシライス様 ディレカ導入事例

  9. 福島県 ライフフーズ様 ディレカ導入事例

  10. 広島県 中野ゴルフガーデン様 ディレカ導入事例

  11. 長野県 竹風堂様 ディレカ導入事例

  12. 兵庫県 味きっこう様 ディレカ導入事例

  1. 中国 上海桜楓ホテル様 ディレカ導入事例

  2. 岡山県 せとうち児島ホテル様 ディレカ導入事例

  3. 静岡県 伊豆・三津浜 松濤館様 ディレカ導入事例

  4. 山口県 アクス防府様 ディレカ導入事例

  5. 山口県 アクス周南様 ディレカ導入事例

  6. 神奈川県 サギヌマスイミングスクール様 ディレカ導入事例

  7. 東京都 富久の湯様 ディレカ導入事例

  8. 大阪府 ホテルエルセラーン大阪様 ディレカ導入事例

  9. 全国 コインランドリーmammaciao様 ディレカ導入事例

  10. 岡山県 エンジョイ岡南様 ディレカ導入事例

  1. 兵庫県 園田競馬場(田中範雄厩舎)様 ディレカ導入事例

  2. 兵庫県 園田競馬場(森澤友貴厩舎)様 ディレカ導入事例

  3. 東京都 大井競馬場(村上厩舎)様 ディレカ導入事例

  4. 宮城県 特別養護老人施設うらやす様 ディレカ導入事例

  5. 三重県 イシズム様 ディレカ導入事例

  6. 中国西安での世界園芸博覧会にディレカを採用

水のお話TAMURAブログ第2話

株式会社TAMURAロゴ

~活水器Dilekaの開発者による水のお話ブログコラム~

「(株)TAMURA」の『ディレカ』開発の技術知を讃えて
石渡隆司(2014年寄稿)

今日の世界に暮らす人間の大半は、基本的には古代ギリシア以来、主として西欧社会で発達した「科学」によって解釈された自然観を基礎にして物事を理解し、それに基いて生活を組み立ててきました。

しかし、その「科学」は、とくにこの百年ほどの間に、世界大戦と、それに引き続く国家や民族の対立によって、もっぱら大国の軍事技術開発の後ろ盾としての役割に終始してきた、と言っても過言ではない。

 1960年代の後半から、軍事技術は大幅に民生技術に転用され始め、通信機器、乗物、写真など、遠隔地を結ぶ技術は私たちの生活空間を大きく豊かにしましたが、他方では、もともと破壊と殺戮を目指した軍事技術の平和的利用は、原発事故の引き起こした一連の問題からも明らかなように、その技術の底には、絶えず生命破壊への危機要素が残存していることは否定しがたいのです。

 「()TAMURA」の技術は、そうした軍需技術の発想とは正反対の、主として戦時に開発された簡便で即効性のある化学合成による建材・塗料などの生み出す環境汚染から、いかに生活者の健康を護るか、という生命的なるものへの保護の眼差しに発したものなのです。

 いまや、私たちの自然理解の枠組み自体も、とくに生命の働きの実相は必ずしも全てを科学の検証に頼ることはできず、日常的な感覚経験にその基盤を求めざるを得ないことも多くなってきました。

 もともと「科学」の基になっている人間の「知」とは、「違いを知ること」に他なりません。また「知ること」には思考や分析のように頭で理解する「理知」だけではなく、感覚でとらえることが基になっているのです。

 「水のもつ潜在的な力が、どれほど私たちの生命的な環境に影響を及ぼし、ひいては私たちの健康、さらには富や幸福に寄与するか」をめぐっての「()TAMURA」の開発は「水の違いの分かる知」から「水の違いを引き出す技術」を生み出した21世紀の生命に係わる科学技術の貴重な成果であると言えるでしょう。

石渡隆司
元日本医学哲学・倫理学会会長
ポーランド医学アカデミー名誉会員
実存医療学会顧問、岩手大学名誉教授

ご一読いただきありがとうございました!次回のコラムもお楽しみに!

関連記事

月を選択してください