次世代活水器「ディレカ」を製造・販売する株式会社TAMURA

お問合せ TAMURA通販サイト
次世代活水器「ディレカ」を製造・販売する株式会社TAMURA 次世代活水器DILEKA   活水器とは 導入事例 商品一覧 よくあるご質問 会社概要

               



イオンワイヤーについて
イオンワイヤーとは
イオンワイヤーは、ディレカ開発素材から生まれた農業・漁業分野における、栽培物の健全育成を可能にする資材です。菜園のウネの中などに使用して、元気野菜をつくります。また、ノミやダニ・線虫が寄り付きにくく、減少させるなどの効果があります。人や動物の環境改善に効果を発揮し、ペットの首輪への活用もできます。
イオンワイヤーの仕組み
1.遠赤外線効果
イオンワイヤーは多種類の天然鉱石と希少石レアアースをナノ化したパウダーを樹脂に溶け込ませ、遠赤外線を放射させています。イオンワイヤーから放出されるマイナス電子(負イオン)遠赤外線は、自然放射線(太陽あるいは宇宙から降り注がれる)の波長でおよそ4~14ミクロンの波長です。この4~14ミクロンの波長は育成光線とも言われており、動植物の成長に有効な波長と呼ばれています。また、イオンワイヤーに使用する鉱石の中には、遠赤外線放射率92.8%の鉱石が含まれ、微生物の活性が大いに期待できます。その微生物を活性化させることで、土・水が生かされてきます。
2.マイナス電子(負イオン)効果
 
イオンワイヤーの効果は遠赤外線効果の他に、中性環境における電位の低さにあります。これは好気性・嫌気性微生物の両方に作用しながら、汚染物質・害虫の不活性を目的としたものです。汚染物質や害虫は表面が プラス電荷を帯びていることが多く、イオンワイヤーに含まれるレアアースにより、多量に発生するマイナス電子が中和反応し、不活性化を促すと考えられます。
 




樹幹への設置例
 樹幹にイオンワイヤーを巻きつけてください。 樹の種類や大きさにもよりますが、5~10周ほど巻きつけてください。

また樹幹周りの土を軽く掘り起こして、樹幹を囲むようにイオンワイヤーを設置して埋設してください。埋設の場合は2~3周ほど囲んでください。


畑などへの設置例
 ウネに沿ってイオンワイヤーを設置してください。基本的には土の中へ埋設した方が良いのですが、葉物野菜の場合は埋設せずに、土の上へ露出した状態で設置した方が効果が高い場合があります。

 水耕栽培の場合は、液肥や水を供給する点滴チューブなどに沿って、イオンワイヤーを設置してください。


水中養殖への設置例
 カキや昆布・わかめなどの水中養殖の場合、種付けしたロープ全体にイオンワイヤーを等間隔に巻き付けてご使用ください。
 
▲ページの先頭に戻る
 




次世代の活水器「DELEKA] 最先端のテクノロジー
マイクロバブルでウィルスを撃退 イオンワイヤー
電子の力で酸化を防ぐ「シャウバー」 50RS



 
導入事例は農業、水産業、工場、店舗、学校など多岐にわたります。



次世代活水器DILEKA   お問合せ  TEL 03-6262-1467
次世代活水器 世界120か国に広がる信頼のマーク   受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)



次世代活水器「ディレカ」を製造・販売する株式会社TAMURA
株式会社 TAMURA
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-6-19 福清ビル8F


Copyright © 株式会社TAMURA All Rights Reserved.